口臭の種類

口臭の種類を3つに分けて解説

例えば、朝起きた時に…或いは、なんだか体調が優れない時に…、自分の口臭が気になった事はありませんか?

 

一度自分の口臭が気になりだすと、結構「大丈夫かな…」と心配になってしまうものですよね。というのも、自分の臭いって自分ではなかなか気付けない事が多いからかもしれません。これは口臭についても同じです。

 

口臭の場合は、誰かと話をしている時に自分の口臭で嫌な思いをさせてしまわないだろうか…と心配になりますし、また逆に、話をしている相手の口臭が気になると、それが苦になって会話なんてそっちのけになってしまう事もあります。

 

自分は、三食後の歯磨きを欠かさずにしているのになんで…?と思う方もいれば、そう言えば歯磨き忘れたな…と思う方もいて、いずれにしても原因が解っていればそれを解消すれば良いのでまだ安心できそうですね。

 

という事は、口臭にはいくつかの種類があるという事になります。では、一つずつ見ていきましょう。

 

冒頭に述べた、朝起きた時の口臭ですが、これは生理的口臭と呼ばれます。この口臭は、誰でもあるものです。起床後とか、緊張して口が渇いている時、つまり唾液の分泌が少ない時に感じる口臭ですが、この原因は、食べカスによる口腔内の細菌によるものですから、歯磨きをしたり、何か食べ物を食べれば解消されます。

 

もう一つは、その様に食べ物を食べた時に発生する口臭です。これには、特定の食べ物が挙げられます。ニンニクやネギ、コーヒーやお酒、そしてタバコなどは大きな原因となっています。これらも、基本的には歯磨きなどで解消出来ます。

 

最後の一つ、これが問題です。というのは、病気に起因するからです。ですから、その病気を治さなければ解消されません。代表的な病気としては、口腔内の病気として歯槽膿漏や虫歯ですね。他には蓄膿症などの鼻、或いは喉の病気もあります。

 

また、肝臓や胃腸と言った内臓系の病気、さらには糖尿病でも口臭が発生します。これらの口臭は、かかっている疾患を治さなければ改善されませんから、時間がかかる事でしょう。